自動車保険を安く

 

自動車保険を安くする方法はどんな方法があるでしょうか。少しでも安くしたいと思っている人は多いと思います。まずポイントとしては自動車保険の割引率や制度は、会社によって違います。運転する人の年齢によっても違いますし、年間の走行距離などによっても違ってきます。車が新車であるという場合、エアバッグなどの安全装置がついているという場合などにおいても、割引率は変わってきます。
年齢についてですが家族と共有する車にかける自動車保険の場合には、21歳以上、26歳以上、30歳以上で年齢の割引率が違ってきます。年齢が上がれば上がるほどに割引率は高くなります。
そして車の安全装置についてですが、やはり安全装置がついている車の方が安全に決まっていて、事故を起こしにくいと考えられていますから、割引率が高くなります。
そして自動車保険の階級のところでもお話したと思いますが、階級によっても割引率は違ってきます。階級が高い人というのは、事故を起こしていない人ということになりますから、保険の支払いをする可能性が今まで低かったということになり保険料が安くなります。
運転免許証がゴールドの人も、事故を起こしていないということになり、こちらも割引が高くなり、自動車保険が安くなります。最近はこの他に、自動車保険の申し込みをインターネットから行うことで割引をしたり、いくら安くなるのかということなどを提示している保険会社もありますので利用してみましょう。

自動車保険の車両保険

 

自動車保険の車両保険は、車と車の事故を起こした場合や接触事故、単独で事故を起こしてしまった場合に対象になる保険です。対物やタイ人の時のように相手に対しての保障というのはありませんから、自動車保険の中では対人や対物の保険のようには重要視されていないという特徴があります。なぜなら自分で起こした単独の自己の場合には車が壊れてもトラブルにはなりませんし人に迷惑もかからないということもあり車両保険には入らない人がいるのです。しかし自動車保険の車両保険に加入するという人もいます。
例えば高級車を持っている人の場合には、接触をすれば傷の修理代が高くつくこともありますから車両保険に入っていた方が安心です。
また仕事で車を利用するというような人の場合にも事故に合う確率が高いですから車両保険は加入しておいた方がいいということになります。自動車保険に入るときに車両保険は経済的に負担になるので必要ないということで加入しない人も多いと思うのですが、経済的に余裕があれば、加入しておけば、安心ですし、自分でこすってしまって、相手がいないような事故を起こしてしまった場合でも、自動車保険の車両保険で治すことができるので安心です。
通常の自動車保険に車両保険は後からつけるという形になります。特約としてつけるというケースが多く、いろいろな対象によって保険料も違ってきます。たとえば単独での事故だけに対象になるものもあれば車同士の事故だけに対象になるというものもあります。

 

自動車保険の等級

 

自動車保険の等級とは、階級を決めて、事故を起こしていない人にメリットを与えるという仕組みです。自動車保険は事故を起こした場合の補償のために加入しますが、ある人は事故ばかり起こしているので何度も保険金を受け取っている、でも保険料は同じなのに事故を起こしていないので保険金を一度ももらったことがないという人がいれば、事故を起こさないのでいいはずなのに不公平です。自動車保険はこの不公平さをなくす意味を込めて、等級が上がれば自動車保険料を安くするという仕組みになっています。
自動車保険の等級は一番最初に加入した場合には6等級から始まります。そして1年無事に事故を起こさなければ1等級上がります。この時点で事故を起こしてしまった場合には3等級下がります。これは割引率がかかわってくるのですが等級の割引率は1等級上がれば20%割引になります。たとえばこれが順調に等級が上がっていけば16等級くらいになると思うのですが、そうなると割引率が50%になることもあります。事故を起こしてしまうと3等級ずつ下がりますが、高くなると30%割増になりますので注意しましょう。たとえば20等級まで行って保険料が60%オフだった人が事故を起こしてしまった場合に3等級下がると17等級になるということになります。
等級を下げなければ保険料は安くなりますから、事故を起こさなければいいということになります。しかし事故を起こしても保険を使わなければ等級は維持できます。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク